精力が落ちる理由

精力が落ちる理由

男性が考える不満

精力が落ちる理由

男性の精力のピークは、十代から三十代と言われています。これは、テストストロンという男性ホルモンが一番発揮されるからです。体も年齢と一緒に衰えて行ってしまいますよね。

それと一緒で、ホルモンも少しずつピークを迎えた後は衰退をして行ってしまいます。ホルモンと精力は大きく関係しているので、ホルモンが衰退して行く事で、精力はどんどん衰退して行ってしまうのです。どんな時も年齢には勝てないという事ですね。

身体的な面

糖尿病や、肝臓や腎臓の疾患、慢性的な病気に関わると、色々な事が衰退して行きます。それは勿論体の不調から、やる気が起きなかったり、体力的にきつかったりと理由は様々かもしれませんが、ホルモンにも大きく影響するからです。因果関係ははっきりしていませんが、薬を飲んでいる事から衰退する可能性だってあります。体の病を治す為に薬を服用したとしても、やはり副作用を軽んじる事は出来ません。動脈硬化や糖尿病の影響で勃起自体が出来なくなってしまう人だっているのですから。

精力の衰退に大きく影響する体。体調管理、体力作りは若い時から大切になってきますよ。年齢を重ねた後も遅くはありません。今からでも体の事考えて、改善して行ってみませんか?

精神的な面

精力が落ちる理由

精神的な事は全てに繋がって行きます。早漏や遅漏も精神的な面が大きく関係するという話しを聞いた事はないでしょうか?

現代人はとてもストレスに囲まれて過ごしています。仕事でのストレス。対人関係でのストレス。日常はストレスの塊です。特に男性の方はナイーブで、プライドから人に落ち込んでいる姿を見せれなかったりと、ストレスを中に貯め込みやすい人が多いです。精神的に苦痛を感じている時は何もしたくないですよね。

鬱病や精神疾患の方がセックスがしたくないと思うのは当たり前の事なのです。精力が衰退していると感じた時は、気付かない内にストレスを貯め込んでしまっている可能性がありますよ。ストレスを上手く発散して行きましょうね。

Copyright© 2017 by patchetpolo.com All Rights Reserved.

Top