精力とは

精力とは

~頭の中がセックスでいっぱい~

精力とは

年齢を重ねたおじいさんが「あん人は、まだ精力があって羨ましか。」と話しをしていたりする事を聞いた事はりませんか?その言葉を聞けば、誰しも、歳を取ったに関わらず、セックスをする力を持っている、性の力を持っているという風に解釈しがちですよね。分かりやすく言えば、まだ奥さんや若い女性を相手にしているんだという風に思いますよね。元に、精という言葉がつくだけで、性を連想させてしまう人も多いです。それは人間の三大欲求の一つに性欲があるからでしょう。

しかし、実際は、精がつくからと言って、全てが性に結びつく訳ではありません。精は精神面の精だって表します。性の力があるという意味も正しいかもしれませんが、もしかしたら、精神の力があるという意味かもしれません。変な日本語を使って恥をかかない為にも、本来の精力の意味を知って、正しく理解しませんか?

~精力の本当の意味~

精力とは

精力とは、一言で言うと、性能力の事です。ほら見ろ。やっぱり、セックスに関連しているではないかと思った、そこのあなた。それはちょっと違うのです。セックスに直結するのは、性欲です。

この精力とは、子孫を残す力を一般的よりも多く持っている、あるいは、長く子孫を残す力を持っているという事になります。子孫を残すという事は、性行為と直結して結びついてしまうかもしれませんが、性欲では無く、精の力という事は、動物に例えた時絶滅する恐れが少なくなる、つまり、優秀な人種という事になるのです。

体の底から、精の力が漲る、あの人はまだ精力があるという言葉は最高の言葉になります。又、何かをやりとげる事が出来るパワーを持っている事も、精に力がある事と直結します。人間はどうしても死に向かって走っているので、パワーが減ってしまったり、力が少なくなっていってしまいます。

男性は特に男性ホルモンの関係で、衰退する事だってあります。やり遂げた目標を成し遂げる事が出来る人、年齢を重ねてもパワーを持っている人は精力があると言われる人になるのではないでしょうか。

Copyright© 2017 by patchetpolo.com All Rights Reserved.

Top